英語ぺらぺら君中級編(米国大統領元通訳が監修) 効果

「英語のシャワーで上達」は意外とタイヘン!

 

 

「英語のシャワーを浴びれば自然に英語が話せるようになる」

 

「大量に英語を聞いているだけで英語がペラペラになる」

 

 

能動的に学習するのが面倒な人にとって、すごく魅力的な言葉ですね。
英語を聞くだけなら、受け身でもできるからです。

 

 

特に、英語のリスニング能力を鍛えたい場合には、「英語を聞く」という作業がそのものズバリなので、いかにも正しい学習法にように思われるでしょう。

 

 

もちろん、ネイティブの英語を多く聞くことは英会話の上達にとって欠かせません。しかし、ただネイティブの英語を聞いているだけでは、なかなか英語ペラペラにはなれません。

 

 

英会話は、スピーキングとリスニングの両方ができてはじめて成立します。

 

 

スピーキングは、実際に英語を話す練習をしないと上達しません。正しい発音ができずに、話している事をネイティブに理解してもらえないとか、話したい事ははっきりしているけれど、その英語が口から出てこない、といった問題が起こるのです。

 

 

そして、意外や意外!英語を聞いているだけでは、リスニングの上達も相当に時間がかかります。実は、赤ちゃんのように英語を耳に馴染ませるというアプローチは、効果を感じるまでに何か月という時間を必要とするのです。

 

 

むしろ、正しい発音で英語をしゃべる練習をした方が早くリスニング能力が向上します。自分で発音できる音は聞き取れるという大原則があるからです。

 

 

早く、英語がペラペラになりたのであれば、受け身の学習をやめて、能動的なクエッショニングを行うのがお勧めです。

 

 

クエッショニングは「英語ぺらぺら君中級編」で。